化粧水とは

化粧水の必要性と方法

女性なら、また男性でも化粧水をつけている方は多いかと思います。
スキンケアの常識的な化粧水、乳液は使わないけれど、化粧水だけは欠かさない、なんて方も多いですよね。

けれど、つけるのは適当に洗顔後、お肌になじませるだけ、なんて方もまた、多いものです。

そこでここでは、化粧水の効果をより強く実感するためにも、正しい化粧水の使い方を見て行ってみましょう。

化粧水は何で必要なの?

化粧水は、洗顔後、洗顔で失われた潤いをサポートするために使用する基礎化粧品です。

洗顔後のお肌は、もともとお肌に必要だった潤いまでオフされてしまっているため、化粧水で補ってあげる必要があるのですね。
その為に、化粧水が必要なのです。

化粧水にはたくさんの水分と、保湿成分が配合されています。
水分を届けて、保湿成分を浸透させる、これが化粧水の一番の効果と言えそうですね。

化粧水はまた、次に使う美容液をしっかりお肌の奥に届ける役割も果たしているのだそうですよ!
化粧水だけだと、保湿は不十分なので乳液でフタをすることをお忘れなく!

化粧水の種類

化粧水には、一般肌用のもの、美白に特化したもの、アルカリ性のもの、収斂化粧水、拭き取り専用のもの、ニキビ肌専用のものなどがありますよね。
どれを付けていいのか、どれを選ぶべきなのかわからない、という方であれば、一般肌用のものを、美白が気になる方、夏場のシミそばかす対策には美白に特化したもの、毛穴やキメに働きかけるなら収斂化粧水、ニキビ肌ならニキビ肌専用のものなど、自分のお肌の状態になった化粧水を選ぶようにしましょう。

使い方のコツ

手のひらなりコットンなり、化粧水を使用する際にはどちらか2つのどちらにしたらいいのかわからない、という方もいらっしゃるのでは。
実は両方にもメリットデメリットがあるのです。

そこで、これは好みで選んじゃいましょう!コットンなら、化粧水でパッティングした仕上げに、もうちょっと化粧水を足して目の下にくっつけたら、即席アイパックができて便利ですよ。
手のひらに化粧水を取るなら、ちょっとだけ体温で温めて使うと浸透しやすくなるようです。

たっぷりの量をたっぷり使用すること、洗顔後すぐに使用することが、化粧水の使い方の一番のコツなんですよ。
ぜひコツを抑え、化粧水の効果を最大限に発揮できる使い方を試してみてくださいね。


サブコンテンツ

このページの先頭へ